グーグル共同創業者が退任、ピチャイ氏が親会社CEOに – 日本経済新聞

グーグルの共同創業者セルゲイ・ブリン氏(左)とラリー・ペイジ氏はグーグルの親会社アルファベットの最高経営責任者(CEO)を退任する=AP

グーグルの共同創業者セルゲイ・ブリン氏(左)とラリー・ペイジ氏はグーグルの親会社アルファベットの最高経営責任者(CEO)を退任する=AP

【シリコンバレー=白石武志】米グーグルの持ち株会社アルファベットは3日、共同創業者のラリー・ペイジ最高経営責任者(CEO、46)が退任すると発表した。グーグルのスンダー・ピチャイCEO(47)が持ち株会社のCEOも兼務する体制とする。ペイジ氏は共同創業者であるセルゲイ・ブリン氏(46)とともに取締役にはとどまり、経営には関与し続けるとしている。

ペイジ氏とブリン氏は1998年にグーグルを創業した。一時、外部から招いたプロ経営者であるエリック・シュミット氏(64)にCEO職を譲ったが、ペイジ氏はグーグルが持ち株会社に移行した15年にアルファベットのCEOに就任していた。

ペイジ氏はブリン氏と共同で出した声明の中で、退任の理由について「会社が人間であれば21歳の若者になり、ねぐらから出るときだ」と説明した。持ち株会社体制が十分に確立されたことで、「アルファベットとグーグルに2人のCEOは必要なくなった」とも述べた。交代の具体的な時期については明らかにしていない。

2人の共同創業者はピチャイ氏について、「アルファベットが設立されて以来、私たちがこれ以上頼りにしている人はいない」と述べた。ペイジ氏は近年、自らの資金を投じた空飛ぶクルマの開発ベンチャーなどへの関心を強める一方、アルファベットの株主総会には出席しないなど、表舞台に立つことは少なくなっていた。